映画生活

基本的にネタバレ有りなのでご注意ください

アニメ映画

【映画感想】天気の子(2019)

2019年。 新海誠監督。 東京でやたら雨が降ってる世界観。 離島に住む少年が家出で上京。 怪しいオカルト雑誌のアシスタントやります。 局地的に100%晴れにする能力を持つ少女と出会います。 それでふたりで晴れ女ビジネスをします。 TVにも取り上げ依頼が殺…

【映画感想】君の名は。(2016)

2016年。 新海誠監督。 社会現象になったアニメ映画です。見るのは初めてです。同監督の秒速5センチメートル、言の葉の庭は見てます。 普通におもしろいですね。 夢と入れ替わりを組み合わせて更に物語中盤で思いもよらぬ展開があって、入れ替わっていた二人…

【映画感想】ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019)

2019年。 劇場版ポケットモンスター/ミュウツーの逆襲(1998)のリメイク版で3DCGアニメーションになっています。 とはいえ、私はアニメ映画のミュウツーの逆襲は見たことがないので比較とかはできません。 人間がミュウの化石からミュウツーを作り出した…

【映画感想】2分の1の魔法(2020)

2020年。 ディズニーピクサー。 世界観は以前魔法があった世界だったけど科学の発展で使われなくなった世界。街はもう現代の町並みそのものです。そこに亜人が住んでいるという感じです。ズートピアに近いですかね。 主人公は兄弟で父親は病死してます。 兄…

【映画感想】魔女の宅急便(1989)

1989年。 宮崎駿監督。ジブリ作品。 13歳の魔女っ子キキが主人公。 正直魔女とか修行とかいう設定は気にせず見ていました。 都会の街にやってきたキキが地味な格好をしている自分とおしゃれな格好をしている同世代の子を比べて不機嫌になる図はリア充に対し…

「映画感想」トイ・ストーリー4(2019)

2019年。 ディズニーピクサー。 トイ・ストーリーの4作目。 見終わった感想としては正直これじゃない感がありました。いままでの感じと違っていたからです。 トイ・ストーリーといえばおもちゃの映画でおもちゃはおもちゃとしての人生を謳歌したいと信じて疑…

【映画感想】トイ・ストーリー2(1999)

1999年。 ディズニーピクサー。 今回もやっぱりなんだかんだでアンディの家から出ちゃいます。 ハゲのおっさんが主人公ウッディを盗みます。他にも2体おもちゃがいてそれといっしょにセットで日本の博物館に売ることを目的にしています。 盗まれたウッディを…

「映画感想」トイ・ストーリー(1995)

1995年。 ディズニーピクサー。 生きてるおもちゃたちの物語。 トイ・ストーリーもちろん聞いたことありますけど世界初の長編3DCGアニメーション映画という映画史に残る金字塔的な映画だということは知りませんでした。 私はトイ・ストーリーシリーズでは3…

【映画感想】アナと雪の女王2(2019)

2019年。 ディズニー映画。 アナと雪の女王の続編。前作は氷の力を持つ女王様が周りに迷惑をかけていく話が主で、さすがに主役級である女王エルサを悪者にするのはどうなのか?というのがあって急遽くそ野郎のどこぞの国の王子をメインの悪役にすげてそいつ…

【映画感想】アナと雪の女王(2013)

2013年。 ディズニー映画。 アニメ映画といえば2020年末の現在は劇場版鬼滅の刃無限列車編が流行っていて、そのちょっと前は君の名は。が流行っていて、さらにその前に流行っていたのがこのアナと雪の女王です。 以前見たことがある作品ですが内容は忘れてま…

【映画感想】借りぐらしのアリエッティ(2010)

2010年。 米林宏昌監督。ジブリ作品。 小人のアリエッティと心臓病の少年翔との交流を描く物語です。 以前見た時は小人から人間の世界はこんなふうに見えているんだとか、夜に角砂糖を拝借するためにロッククライミングみたいな感じで道具を駆使して取りに行…

【映画感想】バグズ・ライフ(1998)

1998年。 ディズニーピクサー。 出てくるのは昆虫たち。昆虫たちを擬人化したような作品です。アリがせっせとバッタのために食料を集めて献上して、そのバッタたちは鳥を恐れているという食物連鎖カーストがあります。 主人公アリの粗相により貢物がおじゃん…

【映画感想】コクリコ坂から(2011)

2011年。 宮崎吾朗監督。ジブリ作品。 舞台は1960年代。 主人公の海ことメルは外国に仕事に行った母の代わりに家を切り盛りしています。 学校で風間という男の子と仲良くなります。 旧校舎のようなボロい建物は学生たちの遊び場。 でもボロいんで取り壊され…

【映画感想】ゲド戦記(2006)

2006年。 ジブリ。宮崎吾朗監督。 正直もやっとする映画でしたね。ジブリ作品としては凡庸でパッとしません。劇中で明らかにされていない要素が多くちぐはぐな印象を受けました。これは説明不足が原因なんでしょうけど前半ののんびりパートの時にそんなのん…

【映画感想】秒速5センチメートル(2007)

2007年。 新海誠監督。 初恋の相手のことをいつまでも忘れられない男の学生時代、社会人時代を描いています。 3章仕立てで1章は主人公が鹿児島に引っ越すことになり半年前に栃木に転校した初恋の相手に電車で会いに行くストーリー、2章で中学時代の話になり…

【映画感想】言の葉の庭(2013)

2013年。 新海誠監督。 雨の日に新宿御苑にいつもいる謎の女性と15歳の少年の雨の日限定の交流を描く物語です。 男の子は靴職人を目指しています。 後に女性の正体が同じ学校の古文の教師であることと生徒からの執拗な嫌がらせにより味覚障害を患うくらい精…

【映画感想】風の谷のナウシカ(1984)

1984年。 宮崎駿監督。 腐海と呼ばれる森が瘴気を発し毒が蔓延してる世界。マスク無しじゃ生きてけません。風の谷は風に守られて大丈夫。風の谷にナウシカという16歳の少女が住んでいます。みんなの人気者やさしい子です。 ある日トルメキア王国に拉致された…

【映画感想】ウォーリー(2008)

2008年。 ディズニーピクサーのCGアニメ。 いっぱいいる人の中から眼鏡の人を探すあのウォーリーじゃなく主人公はオンボロの可愛らしいロボです。 前半は声なし映画なのか?というくらいセリフというセリフが出てきません。主人公のロボットが働いている様子…

【映画感想】KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016)

2016年。 アニメーションスタジオであるライカ制作のストップモーションアニメ映画です。 日本を舞台にしていてとても雰囲気があります。 ストーリーは最後まで見ると凡庸という感じではありますが中だるみせずぐいぐい見せさせる力はあります。最後まで飽き…

【映画感想】ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019)

2019年。 最近ドラクエ映画で裁判沙汰というニュースがあったのでせっかくなので当該作品を見てみました。 ゴールドオーブがドラゴンオーブになっていたり、幼少期の大半がつまみ食い的なスーファミのゲーム画面のダイジェストだったり、パパスがぬわあ~っ…

【映画感想】ルパン三世 THE FIRST(2019)

2019年。 ルパンのCGアニメ。 テレビスペシャルのルパンをCGにしてみました的な映画です。 おなじみのメンツに今回限りのゲストキャラクター(女)、お宝と悪の陰謀が繋がっていてそれがゲストにも繋がっている。 敵サイドの才能に恵まれなかった博士とゲス…

【映画感想】カーズ(2006)

2006年。 ディズニー/ピクサー。 車を擬人化したキャラたちが登場する世界観の車ムービーです。 機関車トーマスみたいな感じですかね。 興行としてレースがある世界で現実のレースと同じようなルールで何周回ってタイムを競うとかピットインとかそういうので…

【映画感想】Mr.インクレディブル(2004)

2004年。 ディズニーピクサー。 稀に超人が生まれるような現代社会が舞台。超人はヒーローとして活躍していましたが、一人の命を救うために大勢が怪我をするみたいなことが問題視されるようになりヒーロー稼業を廃業した一家のお父さんが主人公です。 お父さ…

【映画感想】バイオハザード ダムネーション(2012)

2012年。 バイオハザードのCG映画です。 今回はクレアは出てきませんでした。 代わりにエイダが出てきます。 レオンとバディというキャラがメイン。 JDという気のいいアメリカかぶれがゾンビになっちゃったのが残念でした。 敵役の女性大統領がジョディ・フ…

【映画感想】バイオハザード ディジェネレーション(2008)

2008年。 バイオハザードのCG映画。 バイオは4は一応クリアしたと思います。5は序盤で辞め、6も最初の章で辞めてしまった感じ。 レオン、エイダ、クレアとかは名前と顔が一応一致するものの、キャラバックグラウンドは全然知らないという状態での鑑賞。 感…

【映画感想】この世界の片隅に(2016)

2016年。 大まかに言うと日本の太平洋戦争とか原爆系です。 時代設定は1930年くらいから終戦直後あたりまでだと思います。 主人公すずの広島、呉での生活を周囲の人々との交流とともに描きます。 少女時代から始まり、嫁ぎ生活していく内に戦争に巻き込まれ…

【映画感想】リメンバー・ミー(2017)

2017年。 ディズニー映画。 いや~やっぱりディズニー・ピクサー映画の脚本はクオリティー高いなぁというのが感想です。 お手本の方な見事な脚本です。 音楽嫌いの一家に生まれた少年。家族はみんな音楽大嫌い人間で音楽禁止。だけど少年は音楽好き。ある日…

【映画感想】となりのトトロ(1988)

1988年。 ジブリ作品の中でもかなり有名な作品。 農村に引っ越してきた一家の物語です。 子供の頃は何も考えずに見ていたのですが、おとなになってみると余計なことを考えてしまいます。 大人には見えないけど子供には見えるというのはいいとして、見えない…

【映画感想】スパイダーマン:スパイダーバース(2018)

2018年。 スパイダーマンのアニメ映画です。 私はスパイダーマンの原作も見てませんし、昔サム・ライミ版スパイダーマンの3部作を見たくらいです(内容はほとんど忘れてます)。 スパイダーマンといえば実写のイメージがありますが、この映画はアニメです。…

【映画感想】ソーセージ・パーティー (2016)

なぜこの映画が誕生したのかがまず疑問です。 トイ・ストーリーのようなアニメ調のグラフィック。となると子供向けに作られたんだなという検討がつきます。 しかしながら内容はえぐいド下ネタのオンパレードでとても親御さんはお子様に見せられないなとなる…