映画生活

基本的にネタバレ有りなのでご注意ください

【映画感想】アナと雪の女王2(2019)

2019年。

ディズニー映画。

 

アナと雪の女王の続編。前作は氷の力を持つ女王様が周りに迷惑をかけていく話が主で、さすがに主役級である女王エルサを悪者にするのはどうなのか?というのがあって急遽くそ野郎のどこぞの国の王子をメインの悪役にすげてそいつに責任やヘイトを全部引き受けてもらうことにしよう・・・という制作側の意図が透けてみえる感じもしましたし、舞台も2つくらいしかなく妙にこじんまりとした映画だなという印象も一方でありました。

 

今回は時間的にも空間的にも奥行きがあってスケールアップして冒険活劇感もありつつ、サブキャラが場を盛り上げたり雰囲気作りをするという感じで四方八方にパワーアップしています。

 

前回明らかにされなかったエルサが魔法を使える理由、両親がお亡くなりになった理由なんかも明らかにされます。

前回の悪役は王子さま(とエルサ)でしたが今回は敵という敵が登場しません。

ただ過去に諸悪の根源になった人物によるしわよせ的なものにより自然災害みたいな感じで国に襲い掛かり国を束ねるエルサたちがそれをなんとかしようと頑張ります。

 

エルサは氷属性ですが、今回は火属性とか風属性の精霊なるものも登場して場を盛り上げます。

 

印象に残ったのはエルサがダークシーに行く時にアナとにんじん雪だるまを突っぱねて一人で行くシーンとかそのダークシーに立ち向かうエルサ、海の馬と格闘するとことかエルサが氷漬けになる前のくだりとかアナがダムをゴーレムみたいなのに壊させるシーンとか結構あります。

ミュージカルシーンも新曲で固められていてレット・イット・ゴーは出てきませんがなかなかナイスでした。

今回吹き替えじゃなく字幕を見たんですけどエルサ役の人の歌唱がうまいのなんの。正直松たか子さんが霞んでしまうくらいの歌唱力&声量でそっちもかなりびっくりしました。

 

ラストも離れていてもいっしょだよみたいな感じで良かったですね。

ただ、色々な要素を盛り込んであって情報量が前作よりも明らかに多く世界観も暗くなったりでお子様の頭ではそれらの情報を処理しきれずつまらないなと思ったり感情的にもなんかこわーい、いやだなぁとか感じてしまうかもしれません。

そういう面ではアナ雪のほうがお子様向けでしょう。

一方大人にとっては前作では物足りないと思っていた方でも満足できる仕上がりなんじゃないかと思いました。