映画生活

基本的にネタバレ有りなのでご注意ください

【映画感想】キャットウーマン(2004)

2004年。

ハル・ベリー主演。

 

おとなしい設定のハル・ベリーが超人パワーを持つキャットウーマンになり性格や仕草もじょじょにワイルドになります。悪徳会社の野望を阻止するというストーリーです。

スパイダーマンの猫版みたいな感じですね。

 

ストーリーは漫画みたいな感じで深みやあっと驚く展開とかはなく予定調和に進んでいきます。

その場限りのエンターテイメントという感じですね。

 

クライマックスはハル・ベリーシャロン・ストーンキャットファイトですが、超人VS常人なのでいまいち盛り上がりませんし結末もなんかあっけないなという感じ。見終わったあとに物足りなさが残ります。もうちょっとラストに向けて溜めを作って最後に二転三転して救いか爽快感のあるエンドがほしかったところ。

 

全体的な印象としてはストーリーは二の次、ハル・ベリーの魅力を堪能するためのプロモーションビデオという感じの映画でした。