映画生活

基本的にネタバレ有りなのでご注意ください

【映画感想】るろうに剣心 京都大火編(2014)

2014年。

るろうに剣心実写版第2弾。

 

雷十太とかはカット。その後大久保利通が宗次郎に殺されたあたりから始まって、原作とは違って割とあっさり目な剣心と薫の別れ。京都へ。

 

尖角カット。宗次郎に原作通り逆刃刀折られエピソード。逆刃刀真打ゲットの下りで刀狩りの帳が連刃刀止まりで薄刃乃太刀が出なかったところに予算カットを想い、京都大火。煉獄爆破のエピソードはどこいった?と思いきや最後の最後で思い切った原作改変。薫がさらわれたり海に流されたりする展開、最後の福山雅治比古清十郎お披露目あたりは割と好みでした。

 

今回良かったのは柏崎念至(翁)役の田中泯ですね。原作のお茶目キャラは鳴りを潜めていますが、全然OKです。四乃森蒼紫戦は今回正直一番良かったですね。田中さんがかっこよく、一連の戦闘シーンは原作を上回っており、翁側も結構健闘していて「強い翁」でした。ラストも竹なんかが出てきて原作の回天剣舞六連食らって死ぬよりも全然かっこいい死に様でした(原作では死んでないんですけど)。

目玉の志々雄真実の藤原竜也はまぁこんなもんかという感じでした。

 

総合的に普通に面白く、引きも良かったので好印象でした。