映画生活

基本的にネタバレ有りなのでご注意ください

【映画感想】ひまわりと子犬の7日間(2013)

2013年。

堺雅人主演。

犬系映画。

 

主人公は犬好きの保健所職員の堺雅人。職務の中には動物の殺処分も含まれています。

妻に先立たれ子供が二人います。

 

もうひとりの主人公は柴犬です。

老夫婦に育てられてましたけどいろいろあって野良犬に。

人間たちに雑に扱われ人間不信になり凶暴化します。でも老夫婦は大切に育てていたので根本的にはいい子です。

旅の最中に子供を産み、子連れオオカミならぬ子連れ犬という状態で保健所に引き取られ堺雅人と出会います。

 

ここで殺処分までのリミットが設定され1週間で里親を見つけようということになりますが・・・とこんな感じのストーリーです。

 

 

作品を見ている最中になんとなくですが、テーマが浅い感じがしたので、この映画は冷静な目であらを探す感じで見るのではなく、ただ感情の赴くままに細かい点には目を向けずエモーショナルに見ることにしました。

 

ラスト、結局里親は見つからず殺処分にされるということになっちゃいます。

それで結局一週間で犬に対して特別な情を持った主人公が自宅で引き取るということになります。

そこがなんか反則というかじゃあ最初から引き取りなよと思っちゃいました。

とはいえ、1週間で犬も心を開いて自宅に迎え入れる準備は整ったとも言えます。

 

ただ、それじゃあ1週間経ってもなつく目処がつかなかったら殺処分コースだったんじゃ・・・とも思っちゃいました。まぁそれだと救いようないんでそうはならないとは思いますが。

 

今回ひまわりは主人公たちの自宅に迎え入れられて殺処分は回避されました。

でもその一方で殺処分されてしまった命はいっぱいあります。

劇中で犬の殺処分問題について問題提起されますが、最終的に結構なご都合主義な感じで終わってしまったので、なんか薄いとか浅いという印象になってしまいました。

でもハッピーエンドですっきりしたいという人たちのニーズを満たすならこれはこれでいいんじゃないかと思います。

 

その証拠にそういう気持ちで見ていた私は最後に犬がなつくシーンでちょっと目頭が熱くなりました。

テーマ性とか深みとかを要求しなければこれはこれでいいんじゃないかと思いました。

 

【映画感想】サイレント・ワールド2013(2013)

2013年。

地球滅亡系のB級映画

 

溢れ出る低予算感、時代遅れのCG技術、出演者に美人不在、内容のなさをカバーするためのセクシー要因等この手の映画にありがちな要素をほぼ兼ね備えています。

 

この映画も例に漏れず緊迫感は全然ありません。

なので一生懸命見ると1時間半くらい盗まれます。

ということで、作業用、みんなと適当に観る、何も考えたくないときのお供に、とかそういう感じの用途が適していると思います。

 

緊迫感もリアリティーもなく、誰一人犠牲も出ません。

重厚感まるでなし。

でもこの手の映画にとってはそれでいいのです。

無駄にヘビーだと疲れますし、誰も死なない、そんなアホなというツッコミを入れながら見れる軽いスナック菓子のようなのが逆にいいのです。

 

女優の顔は微妙ですが、スレンダーで乳は無駄にでかいです。

走るたびにゆっさゆっさ上下に揺れるので意外と見れます。

設定は氷点下とかそういう世界での行動になりますが安心してください。

リアリティーが著しく欠如しているため、終始薄着です。

 

でもこれくらい割り切ったほうが吉。製作者はわかっています。

中途半端にリアル志向にして女性陣に厚着させてたら私はこの映画を最後まで観ることはなかったでしょう。

 

それくらいといっていいくらいのメインコンテンツです。スレンダー巨乳の女性(主に主人公の妹)は。

ストーリー、CGはおまけみたいなもんです。

 

個人的には空虚な時間の穴埋めに適した映画でした。

正座をして観るような大作を今は観る気がしない・・・でも何か手持ち無沙汰な時間がそこにある。

 

そんなときに最適なのがこんな映画なのです。

【映画感想】ラッキーナンバー7(2006)

2006年。

ジョシュ・ハートネット主演。

 

脇役でブルース・ウィリスモーガン・フリーマンベン・キングスレーが出ていてキャストは豪華です。

ヒロインはアジア系のルーシー・リュー

 

初見では序盤はわけがわからないまま進行していきます。

腰にバスタオルを巻いた3枚目風の顔に傷がある青年がわけのわからないいざこざに巻き込まれていく・・・なぜ主人公はこんな目に遭うのか?それが後半明らかになり黒幕の存在が・・・

みたいな感じですが、それはすべて・・・みたいな感じです。

 

この映画でまず思ったのはブルース・ウィリス演じるグッドキャットという殺し屋がめちゃめちゃかっこいいということです。

ビジュアル、キャラともに良いですね。

非常にシュッとしていてクールな見た目、殺し屋としての腕も申し分なし、ただの冷血と見せかけて情もある、ギャップ成分も配合。

 

ストーリーも互いに敵対する2マフィア間を行ったり来たりしたり警官と接触したりと表層上の流れも割と面白いです。

終盤にそれらの行動の真意が判明するという作りになっています。

 

ネタバレすると2マフィアのトップへのかなり周到に練られた復讐劇なんですが、ぶっちゃけ冒頭で20年前の発端となる出来事が描写されるためか、主人公と殺し屋が「何か企んでる?」という疑念が正直湧いちゃってました。

 

なのでネタバラシの衝撃がやや薄いのと緊迫感に欠ける点がいまいちなとこでした。

ただ、全体的には割と面白く楽しめました。

【映画感想】レインディア・ゲーム(2000)

2000年。

ベン・アフレックシャーリーズ・セロンゲイリー・シニーズ

 

刑務所を出所した男が悪いやつに目をつけられ銀行強盗をやらされるみたいなストーリーです。

 

特筆すべきは豪華キャストです。特にシャリーズ・セロンがいいですね。若くてきれいで。でも見どころはそれだけだったように思います。

 

ストーリーは実は〇〇でしたというようなどんでん返しの連続なんですが、安易などんでん返しなので、え!?そうだったの!というよりも、はぁ・・・そうなんだ・・・みたいながっかり感のほうが強いです。

 

兄妹設定だったゲイリー・シニーズシャーリーズ・セロンが実は恋人でプールでイチャイチャしたりと、その設定の必要性が無駄に感じられます。

 

そして、最後に実は〇〇が生きていましたってのも、はぁそうなんだで自分の中では終わってしまいました。

どんでん返しはたしかにそこにあるのですが、意表をつかれるというよりか、どうせこんなしょーもない映画だから、やりかねないどんでん返しという想定が自分の頭の中で無意識に出来上がっていたからかもしれません。

どちらかというと驚きというよりかは呆れに近い感情を感じました。

 

ただ前述の通りシャーリーズ・セロンの美貌は素晴らしいのでそこはいいですね。

【映画感想】アパルーサの決闘(2008)

2008年。

エド・ハリスヴィゴ・モーテンセン

西部劇。

 

主人公はエド・ハリス、相棒はヴィゴ・モーテンセン

二人の職業は雇われ保安官。

しかし、そのエリアを牛耳っているやつが権力者と繋がっていて逮捕しても普通に出てきます。

こいつをどうするかという問題が一つ。

もう一つは、男をたぶらかすことに長けた美しきヤリマンの存在です。

レニー・ゼルウィガーが演じています。

なので、絶世の美女というわけではありません。

でもこのくらいのほうがそそるということもあるのである意味リアルです。

 

エド・ハリスが彼女に惚れ込み、二人の友情に狂いが生じる。さてどうするか?みたいな感じで進んでいきます。

 

感想はまずなんだか地味です。

淡々としているので正直中だるみを感じてしまいました。

エド・ハリスヴィゴ・モーテンセンだから見れたという感じです。

 

見どころはラストですね。

ヴィゴ・モーテンセンの決断がかっこいいです。

友のことを本当に思いやっているんだなというのが伝わります。

この手の相棒型西部劇ですと最後は女より男を取るハードボイルドなものが多かった(少なくとも私が見たものでは)ので逆のパターンだったのは少し新鮮でした。

 

ただ、やっぱり地味な印象は拭えない映画です。

【映画感想】ノッティングヒルの恋人(1999)

1999年。

ジュリア・ロバーツヒュー・グラント

ブコメ

 

最初はそこらへんの男性の妄想物語を映画にして見ました的な感じで見ていましたが、最後は泣きそうになってました。めっちゃいいです。

 

大女優と一般人男性の恋を描いた作品です。

なんだかやまとなでしこみたいな感じです。あとスタアの恋も思い出します。ローマの休日も。

 

同居人のスパイクとか同僚とかホテルマンとか友達とかみんないい人ばかりなのがいいです。一瞬しかでませんけど、滝山さんもいいキャラしてます。

味のある悪役もいいですけど、登場人物全員いい人しかいないというのも個人的には好物です。

 

中盤あたりからやや中だるみを感じましたが、一旦破局してからのラストシーンへのブーストがいいですね。鑑賞者の期待に答える見事な盛り上げっぷりです。

ベタです、だが、それがいい・・・という感じです。

 

ラストの会見シーンの演出は堪りませんね。これ欲しかったんですよと思っていたものを存分に提供してくれました。

エピローグの住民しか入れない公園のシーンも、伏線部の夜との対比で昼になっているのもコントラストでいいですし、本当の住民になったのでコソコソせず堂々と気の知れた仲間と一緒に休暇をエンジョイしている絵もグッドです。

 

ベタですが、それでいい、最高。

そんな作品でした。見てよかったです。

 

ちなみに初めてジュリア・ロバーツを可愛いとこの作品で思えました。

ちなみに彼女の代表作のプリティウーマンは見たことないです。

【映画感想】グリーンブック(2018)

2018年。

 

実話ベース。黒人と白人のロードムービーです。

 

見るのは2回目ですが、やっぱりいいですね。

ストーリー展開がどうこう、テーマ性がどうこうよりも、やっぱり、二人の会話の掛け合いが素晴らしい。

 

中盤では見てて不快になるシーン、嫌なシーンがちらほらありますが、それは言わば終盤を盛り上げるためのバネで、後半にはそれらシーンの対比となる良いシーンが連続するのがいいです。

 

中盤でケネディに電話することで解決することになる、クソ警官のエピソードがあったからこそ、終盤で出てくる警察官のシーンが活きますし、その前のセッションのシーンも、直近のクソホテルのローカルルールのシーンがあったからこそ泣けるわけで。

 

そしてそれらの連続の果てのラストシーン。

最後に奥さんが暖かく迎えてくれるのも、劇中に散りばめられた手紙のエピソードの積み重ねによるものです。

 

やっぱりいいですねグリーンブックは。生涯ベスト10にはランクインしてます。