映画生活

基本的にネタバレ有りなのでご注意ください

【映画感想】クラック: コカインをめぐる腐敗と陰謀(2021)

2021年。

クラックというコカインを題材にしたドキュメンタリー映画です。

 

クラックが広まって抗争で銃弾が飛び交い、人々は薬漬けになった街に住まう人々へのインタビューを中心に麻薬に関する陰謀、現地の人々の心の叫びなんかを描いています。

 

日本で普通に生活していると、まるで映画のような世界ですね。なので、薬漬けになって被害者ヅラしている女性とかを見ても自業自得だと正直思ってしまいます。そうなったのはあなたの選択の結果でしょ、自分にも責任あるとちゃうの?と思っちゃって、感情移入、想像するのが難しいです。その地域の人は生きていくためにそうせざるを得なかったのかもしれませんが。

 

終盤の麻薬撲滅運動がエスカレートして、黒人のクラック売人が集中的に狙われ、釣り合わない莫大な刑期でムショに入れるという部分には恐怖しました。昨今のいきすぎたネットバッシング(小山田圭吾小林賢太郎)を重ねてしまいます。確かにやりすぎ。麻薬蔓延は法に反する悪いことだけど。

歪んだ正義というのは簡単に広まってしまう怖さを感じました。

 

全体としては、麻薬やるとこうなる、だったり、売人狩りは行き過ぎというように前提として伝えたいたった一つのことがまずあって、その主張の説得力を増強するために展開していくという感じじゃなかったため、途中で「この映画は何が伝えたいんだろう?」と思ってしまいましたが、終わってみればこういう構成もありかなと思えました。

 

フェド・アップ(2014)は自分の体の健康という点で万人に興味あるテーマでしたが、こちらは麻薬という自分に興味のないテーマでした。

しかし、割と内容は面白く引き込む力は感じました。

 

 

【映画感想】フェド・アップ(2014)

2014年

ドキュメンタリー映画

 

アメリカの食品業界が子どもたちを肥満にしている、これはあかん、だから変えていこう、ということを伝えようとしているドキュメンタリー映画です。

 

内容はスーパーサイズ・ミーと被っている部分が多いためか割とすんなり入ってきました。

政治、食品業界との癒着、利権、ロビー活動・・・あたりがキーワードです。

赤ん坊の頃から洗脳していく・・・という食品業界の広告手法は怖いですね。

タバコ=砂糖たっぷりの加工食品とまで言っています。

 

結局は自分の体は自分でしか守れないので、自分でそういう体に悪いものを食べないで体にいいものを食う、ということになるんですが、それだとふ~んとなってしまうためか、この映画では大人よりもどちらかというと子どもたちの健康をメインテーマにしています。

 

まだ未熟で判断能力も知識も経験もない子供の肥満問題を主軸にしていて、肥満で悩む以上、手術を受けざるを得ないところまで追い詰められた子供まで出てきて現状を吐露しています。

スーパーサイズ・ミーは自分の体で実験するという点で個性を出していましたが、こっちは子供重視という個性があります。

 

あと落ちが切ないというか現実的というか。

ブレンディは5週間、健康的な食生活を送り12キロの原料に成功、更に23キロの減量を目指している・・・の後に他の子供たちが変わった様子を紹介した後、またブレンディーのターンに戻ってきて、そして結局彼の体重は元に戻った・・・みたいな落ちが現実はそう簡単には変えられないという現在のアメリカ商品業界を変えるのが難しいというところとリンクしていてなかなかナイスな落ちだなと感心しました。

 

最近チョコレート食べすぎだから、ちょっと控えようかな・・・と思った映画でした。

 

 

 

【映画感想】ナイトクローラー(2014)

2014年。

ジェイク・ジレンホール主演。

 

パパラッチの才能に目覚めたサイコパスがどんどん出世していくというストーリーです。

 

感想は普通に面白かったです。

同業者が電柱に正面衝突した事故、アシスタントが調子こき出したあたりからこのアシスタントがどうなるかは読めました。ただ、最後この主人公に天罰が下るのか?が見ものでしたが、ああなりましたね。はぁ。

 

ただ、ニュースに使う映像が日本のニュースと比べるとグロすぎというか、やりすぎというか・・・あと、警察より先に現場に入って撮影したのを使いまくるとか問題にならんの?とか、警察は主人公に目撃者として事情聴取しないの?とか色々疑問が浮かびましたが、まぁそういう世界観なんだと思って見させるくらい引き込む力があります。

 

この吸引力がない映画だと粗が目立って没入できない問題とかが起こるんですが、強引に引き込む力があれば粗は割とどうでもよくなるんですよね。この映画はこのタイプでした。

 

中盤の強盗殺人の屋敷に入るシーンもいいですね。犯人にもしかしたら見つかるんじゃ・・・とか犯人の残党がもしかしたらいるんじゃ・・・だったり、警察に見つかったらまずいことになる・・・というような主人公に対するリスクが予想以上の緊迫感を演出しています。

 

ただ、証拠映像を撮影しているだけなのに異様に緊迫感があります。終盤のレストランでのところも似たような緊迫感があります。

 

調子乗り出したアシスタントをどう処分するのか、おばちゃんとの関係はどうなるのか、最後は天誅が下るのか、というような展開も気になるし(おばちゃんは割とどうでもいいけど)それに納得行く答えを出す脚本もグッドです。アシスタントをひっかけて、死に際を撮影するというのも、同業者に中盤でそうしたという伏線があって、めっちゃアイロニーだなぁとクズすぎる主人公に感心すらしてしまいました。

 

ジェイク・ジレンホールの演技もこれまたよく、ムカつきつつも、狂ってるので従ってしまう・・・みたいな気持ちにさせてこちらもグッドでした。

 

途中で飽きることなく最後まで見ることができましたが、後味は微妙に悪し、そんな映画でした。

【映画感想】アバウト・タイム ~愛おしい時間について~(2013)

2013年。

 

タイムスリップものです。主人公と親父が過去に戻る能力があります。

ただ、何でもあり感があって若干しらける設定です。人生が進んでいくにつれて過去に戻れる範囲が狭まったりはしますが。

 

嫁とのなれそめなんてもうセーブスロットがいくつもあってクイックセーブ、ロードのあるエミュでときめもをやってるみたいで、間違った選択肢を選んでもちょっと過去に戻って正しい選択肢を選び直すというような展開が続いて、それチートやんと思っちゃいます。

 

その後は予想通り、過去に戻ることはしない、家族との何気ない時間が大事なんだという方面に進んでいき予想通りのEND。

家族大好き、家族との時間が何より好き、苦労はあれど子育て大好き!みたいな人にはウケると思います。

 

キャストでは君の読む物語で有名なレイチェル・マクアダムスがやっぱりいい。美人というより愛嬌があって可愛らしいですね。ってかそこにしか目が行きません。

【映画感想】ジオストーム(2017)

2017年。

ジェラルド・バトラー主演。

 

B級SF映画を最大の予算でめちゃくちゃCGに凝って制作しました、という感じの映画です。

 

昨日見たソーラー・ストライク2013っぽい感じのストーリーを全体的にボリュームアップして、最後をハッピーエンドにしたという印象です。

 

とにかくCGのすごさが見どころです。金かかってんなぁというのが伝わってきます。ただ、若干不自然な気も。今のゲームのCGをさらにすごくした感じというか。

 

ゼロ・グラビティの冒頭っぽいシーンもありますが、テンポアップしてよりド派手な演出になっててこれはこれで映画館で見たらすごい迫力なんだろうなと思いました。

 

ソーラーストライクで出てきた雷がやたらめったら落ちて来るようなシーンにカーチェイス、ガンアクションを絡めたシーンも映像だけは結構かっこいいです。

 

反面、ストーリーはありきたりっちゃありきたり。よくあるB急の地球滅亡SFで手薄になりがちな部分を補強(人間ドラマ、黒幕の存在というミステリー要素、人間同士のアクションとか)したりしていますが、背骨はB級ありがちSFのそれで物語に関してはTHE普通です。

 

ラストはアルマゲドン的な自己犠牲っぽいことになりますが・・・そんなことはなかったですね。これでいいと思います。

 

とにかく映像がド派手でそこが見どころな映画。B級(というかめっちゃ金かかってると思いますが、多分)SFの帝王という感じの映画でした。

【映画感想】グーニーズ(1985)

1985年。

 

悪ガキたちが宝探し。宝物を見つけて換金するなりすることで、差し迫っている主人公の子供(一家)が立ち退きを回避できるらしいということが冒頭で推測できます。

そしてヒント頼りに冒険に。そしたら延長線上にある寂れたレストランに犯罪一家が。

地下室には謎の怪物が囚われています。犯罪一家は相手が子供だということで油断。危機は回避。その後も手がかりを探るたびに探検再開。子どもたちは無事に宝物を見つけることはできるのか?という感じです。

 

 

感想は普通に面白かったです。ありきたりですが童心に帰れます。

ピタゴラスイッチのギミックが随所に配置されそれが子供心をくすぐります。

ギミックだけじゃなく、ストーリー、キャラクターの魅力、程よいエロ(キスやパンチラ)、ギャグ(悪役一家)、お涙(チャンクとスロース、片目のウィリーとの出会い)、どれをとっても及第点以上、そして全体を通してのワクワク冒険感も十分でよく出来てるなぁと感心しました。

エンディングもすべてが解決してTHE大団円!という爽快感あるハッピーエンドの中に海賊を見送る子どもたちのシーンに少しばかりの哀愁もブレンドされていて余韻もあり。

有名作というのも納得がいく子供向け冒険映画でした。

 

 

 

【映画感想】スリーデイズ(2010)

2010年。

ラッセル・クロウ主演。

 

殺人容疑で逮捕され有罪になった妻が死刑に。夫のクロウが脱獄させるために奮闘するという感じのストーリーです。

 

普通の中年体型のおっさんが命をかけて脱獄計画を立案し(ちょっと出てくるリーアム・ニーソンの助力も得て)、それを実行するんですが、なんだかうまくいきすぎな気も。

 

というか冤罪で逮捕されるまでに過程が微妙でそこもなんかありえないなぁというのがあってうまく物語にのめり込むことができませんでした。映画なんで楽しんだもん勝ちなのはわかってますが。

 

終わってみれば普通、一応ハッピーエンドなんですが、なんか納得いかないな・・・という感じで、印象に残ったのは冒頭の至極どうでもいいセクシーな歯医者のほうでした。