映画生活

基本的にネタバレ有りなのでご注意ください

【映画感想】スペシャリスト(1994)

1994年。

シルヴェスター・スタローンシャロン・ストーンジェームズ・ウッズ

 

爆破のスペシャリストが主人公。

ヒロインはマフィアに身内を殺されて復讐を誓う女。

この二人が爆破をし、マフィアに目をつけられます。

主人公には因縁の元同僚がいてそいつとバトルみたいな感じにしたそうな脚本です。

女はその元同僚に主人公を売り渡すのか?それとも・・・みたいな流れです。

 

 

主人公が爆破のプロということで、随所に爆破シーンが出てきます。

建物の出っ張ってる部屋に爆弾セットしてピンポイントでそこを落として海に落とすみたいなこともします。

 

そういう爆破シーンなんですが、なんか地味です。

スタイリッシュな感じがしません。

しこしこ地味に爆弾しかけてるという感じでやってることはどちらかというと悪役っぽいです。まぁアウトロー主人公なんですけど。

 

話もアップダウンに乏しく、平坦な展開が長々と続き退屈です。

よくある系の話だと思うので、構成とか演出とか見せ方が微妙なのかもしれません。

 

主人公、ヒロインが大御所にも関わらず素材の活かしきれてなさが目に付きます。

ヒロインであるシャロン・ストーンが無駄に大御所すぎるがために、主人公とライバル関係にあるラスボス的な人の存在が随分霞んでしまっています。

主人公とヒロインに良いようにやられてるヘタレな印象なので緊迫感がなくストーリーがイマイチ引き締まりません。

最後もうっかりミスで自滅。弱すぎ。

 

見せ場と言えば主演二人の濃厚なシャワールームでのエッチシーンでしょうか。ここだけやたら力入ってんなというくらい他の部分がイマイチ。

 

結局終盤まで見た目(爆破とか)以上に緊迫感がなく、ダレダレ。

結構凝った爆破テクを見せていて、この手の映画あるあるの予算消化大爆発も最後にあるにも関わらずあんま印象に残らず・・・。

キャラに魅力がなく、尖ったところがなく、すべて予想の範囲内。

残るものは何もなし。

微妙でした。

【映画感想】ブラック・レイン(1989)

1989年。

 

マイケル・ダグラスアンディ・ガルシア松田優作高倉健他。

日米の刑事が松田優作演じる悪党を捕まえるために捜査するという感じのストーリーです。

日米の刑事、極道、半グレなんかが登場します。

 

内田裕也ガッツ石松、安岡力也なんかも出ています。内田さんは最初誰かと。他にも名前は知らないけど見たことがある日本人俳優さんたちが若い姿で登場しています。吹き替えで観ましたがガッツ石松さん英語しゃべってんのかなぁ?という素朴な疑問を持ちました。セリフは極少ですけど。

高倉健さんが良いですね。存在感があります。

 

ストーリーは日米刑事が入り交じる点を除けばオーソドクスな刑事モノなんですが、不思議と飽きずに最後まで観られました。アメリカンなノリの中に高倉健さんをはじめとする和の精神がうまい具合に配合されて良い化学反応が起こったからなのかもしれません。テンポも良いほうだと思いましたし、松田優作さんの気迫もなかなかのものでした。

【映画感想】フィフス・エレメント(1997)

1997年。

リュック・ベッソン

ミラ・ジョヴォヴィッチブルース・ウィリスゲイリー・オールドマン他。

 

近未来SFという感じです。

衣装的にどこかスターウォーズっぽくもありコメディー偏重。

ミラジョヴォのTMレボリューションみたいな衣装が当時から印象的でしたが、そういえば観たことがありませんでした。

 

キャラクターでは結構大御所な人が出ています。

リュック・ベッソンと言えばニキータとかみたいに女性主人公が大活躍というイメージですが、今作はウィリスも同等に活躍していて、女性主人公というよりかはヒロインという感じ。キャラクターのポジション的にはレオンみたいです。ゲイリー・オールドマンが悪役ですし。

 

その中でもクリス・タッカーの役がいろんな意味でかなりぶっ飛んでいて実に強烈。

一番印象に残ったかもしれません。

 

ストーリーは5つのエレメントをめぐる争奪戦に巻き込まれるウィリスとミラジョヴォという感じですが、インフィニティストーンやドラゴンボールを求めるというような壮大さは感じられませんでした。

 

とにかくワチャワチャしていて90年代の映画なので表現もまだまだという感じですが、SFコメディーとしてはなかなかいいんじゃないでしょうか。

【映画感想】キング・オブ・エジプト(2016)

2016年。

ジェラルド・バトラー

 

オリュンポスの神々~というような神話の世界が舞台です。世界観はゲームのゴッドオブウォーっぽい感じですがエンタメということでグロ描写もなくマイルドな仕上がりです。

 

ジェラルド・バトラーは悪役を演じています。

人間と神という2つの種族がいて、神はでっかく、人間は小さいです。ロード・オブ・ザ・リングホビットとその他みたいな感じです。

 

ちなみに女性陣の衣装の露出度は高めです。

 

ストーリーは神の国の王子の戴冠式に王子の父の兄弟が祝いにやってきたと思いきや、父を殺し、国を乗っ取ります。

主人公は人間の若い少年で彼女もいます。

その彼女が悪の手先により仮死状態っぽくなります。そのままほっとくと本当に死んでしまいます。

そこで主人公の少年が両目を奪われた神の王子を仲間にします。(バトルあり)

時を共にしていくうちに二人の間に友情が芽生えます。

さて二人は悪徳の神ジェラルドバトラーを倒せるのか?という感じです。

 

 

神の王子やジェラルド・バトラーが翼の生えた超人のように変身したりと、エンタメ全振りという印象です。エフェクトも何かと派手でゲーム画面を見ているようです。

 

主人公の少年はちょっと運良すぎ、身体能力すごすぎと若干ご都合主義でしたが、子供向けならOKでしょう。(その割にはヒロインの胸の露出は過度な気がしますが)

 

ストーリーは王道で、あっと驚く大どんでん返しとかはありません。

見終わった後に残るものはありませんが、起承転結はしっかりしていて、王道展開なので思ったより悪くはなかったですが、いまいちパッとしない感じでした。B級っぽいし。

【映画感想】ベスト・キッド(1984)

1984年。

 

ミヤギさんが出てくる最初のベスト・キッドです。

6,7年くらい前に一度観たことがあります。

その時は割と好評だったんですけど、改めて観てもやっぱいいなと思いました。

 

ストーリーは

 

新しい地に越してきた母子。

息子(主人公)が洗礼で男(空手有段者)軽くボコられます。

彼女が出来ます。

ボコった男は彼女に思いを寄せてますが、彼女は嫌ってます。

 

息子はボコられた腹いせにいじわるしますがバレます。

5人にボコられます。

ミヤギさんが助けに来ます。

 

ミヤギさんが追っ払った男たちが通う空手道場に赴きます。

そして空手選手権までに主人公鍛えるからそれまで手を出すなと約束させます。

 

そこから鍛錬の日々がはじまるかと思いきや、雑用の日々がはじまります。

ところが・・・という流れです。

 

まず、ストーリーがシンプルなのがいいです。

最初からごちゃごちゃ出てこられるときついため、これは大事なことです。

 

キャラではミヤギさんがナイスです。一挙手一投足に説得力があり目の強さもあって達人キャラをうまく演じています。

 

改めて見ると、道場のおっさんが一番のクソ野郎ですね。ジャイアン的な生徒は戸惑っていたし(命令通りに弱点を攻めたものの)まだマシです。

 

最後の決め技が意外。

そして同時に伏線回収となっていて思わず舌を巻きました。

あの時のポーズはこういうことだったのかと。

単なるバランス取りの訓練かと思いきや、そこからさらに一段階あったというのが良いです。

そういう意外性もありつつ、王道のサクセスストーリーに仕上がっていて完成度は高いですね。

(当方空手は知りません)

 

しかしながら、主人公は結構劇中でリア充しているんですよね。

鍛錬中も息抜きで彼女とデートなんかしてましたし。

 

【映画感想】ジャンパー(2008)

2008年。

 

瞬間移動できる能力を持つ若い男が主人公です。

 

どちらかというと主人公側がチートなんですが、それに対策する普通の能力(といっても身体能力は軍人レベル)の人たち(パラディンていうグループ)の捕獲方法もなかなか興味深いです。

 

ちなみにパラディンのリーダーは大御所のサミュエル>ジャクソン(頭は白い)が演じています。

最初の戦闘で只の人間なのにも関わらず一筋縄じゃいかないと思わせるのはさすがニックフューリーという感じです。

 

物語は主人公視点で繰り広げられますが、追う側の目線から展開しても面白そうです。

 

後半は先輩の仲間が出てきますが、主人公と同じ能力持ちで、ずっとパラディンたちと戦ってきた経験があるので、主人公より更に強いです。

 

テレポート能力をこれでもかというほど出し惜しみせずにバンバン使うため画面が派手。触れたものも同時にテレポートするため、車を投げつけるなんてことも日常茶飯事です。

 

最後に見解の相違で喧嘩し、二人のテレポート能力を持つ若者同士のバトルなんていう少年漫画にありがちな展開も。

 

ストーリー自体はそれほど目新しいとか特別出来が良いわけではありませんが、映像が派手で結構楽しめました。

 

東京が舞台になる場面があり新宿、秋葉原、お台場ロケあり。

少女時代のヒロイン役でテラビシアの金髪ショートの女の子が出ていました(当時15歳くらいのようです)。

 

【映画感想】ギャング・イン・ニューヨーク(2018)

2018年。

ジョン・トラボルタ主演。

 

ジョン・ゴッティという実在したニューヨークのギャングの紹介ムービーという感じです。

歴史的資料の再現ムービーという感じで淡々としています。

雰囲気はゴッドファーザーっぽい気もしますが、いまいちぱっとしません。正直。

 

主人公はいいヤクザです。これが言いたいようです。

ムショに入ってる老人になった主人公と息子が会話しながら昔を回想していくという感じで進んでいきます。これまた地味。

 

市民は巻き込まない系のヤクザで、意外と街の人から人望があった人なんだなぁふ~んというくらい淡々とした映画でした。

盛り上がりどころに乏しいのが残念。