映画生活

基本的にネタバレ有りなのでご注意ください

【映画感想】センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(2012)

2012年。

冒険映画センターオブジアースのシリーズ2作目。

主演はザ・ロックになっています。

 

前作から4年後が舞台です。前回PSPで遊んでいたショーンは17歳となり青年になっています。彼の母はザ・ロックと結婚してショーンはロックに口ごたえをしています。

そんな中暗号解読のプロ中のプロのロックが謎をあっさり解いて神秘の島に冒険に出かけます。

 

島についてから最初に出てくる動物がちっちゃい象なんですが小型犬くらいの大きさでかわいかったです。この神秘の島では現実世界ではでかい動物が小さくなり、小さい動物がでかくなるという島です。ロックはトカゲが大嫌いという設定があるんですけどいきなりでかいトカゲが出てきます(蛇ならOKだそうです)。

 

冒険者一行は、ロック、ショーン、現地ガイドのおっさんとその娘(美貌)で、アレクサンダーじいさんが加わります。

 

 

中盤はロック様の胸板ダンスも出てきます。

この神秘の島が数日の間に液状化現象により沈んでしまうということがわかり脱出することが目的となります。

 

中盤はやや中だるみを感じますが、でかいハチに乗るシーンはいいですね。

鳥の追跡から逃げるシーンの後でロックが歌うシーンがあるんですけど美声で歌も上手。この人何やらせてもうまいですね。

 

ノーチラス号を取りに行く海パートでサメも出てきますがちっちゃくて可愛いです。その分電気うなぎがでかくなっています。ノーチラス号はバッテリー切れになっていて、電気をどうするかということになります。そこで先程の巨大電気うなぎにモリぶっ刺して電気をバッテリーに注ぎ込むためにロックが一肌脱ぎノーチラスで脱出するところがクライマックスです。

 

 

感想はセンターオブジアース1よりも冒険感を感じることができました。ご都合主義感は弱まりフィクションとしてそこまで目につかないレベルにはなっていると感じました。

また、主演のザ・ロックにも存在感があり、登場人物も前作より増えていて、増えているだけでなくそれぞれのキャラも立っています。

 

大人でもそこそこ楽しめる冒険物でした。もちろんお子様にもおすすめ。

 

 

【映画感想】センター・オブ・ジ・アース(2008)

2008年。

 

緊迫感のない冒険映画です。

 

地球の中心に冒険旅行します。地球の中心に行く映画といえばザ・コア(2003)を思い出します。このセンターオブジアースはザ・コアより生ぬるい地球の中心です。

空気もあり普通に生活できそうです。

ツッコミどころやご都合主義がいっぱいなんですが冒険感は出せてると思います。

ロッコのステージとかスーファミドンキーコングを思い出しました。そういえばこの映画は横スクロールのアクションゲームっぽいステージが満載です。序盤にはFFXの雷平原みたいなことにもなります(雷がいっぱい落ちてくる)。

 

地球の中心はとてもきれいなところでした。それから船を作ったり人間は食べずに魚だけピンポイントで食べるネッシーみたいなやつに出くわしたり、そんなに殺傷力の高くない食虫植物を撃退したりします。終盤は恐竜が出てきたり何でもありになります。最終的に誰一人犠牲なく間欠泉でエレベーターのように元の世界に戻ってきます。

 

現実的にこんなことあるわけないだろ、と思いつつもこういうのいいなと思います。こういう夢を見たら面白そうだなと思いました。

 

家族みんなでみる用ですね。ということでお子様向けです。

【映画感想】アイス・クエイク(2011)

2011年。

 

自然災害系です。

 

雪山で地震が起きて亀裂が入ったりしてさぁ大変。この窮地をいかに乗り切るかという物語です。

 

THEありきたりという感想です。この手のB級ディザスター映画にありがちな要素をふんだんに詰め込んでいます。というか踏襲しています。

一家がまるごとピンチになったり、親父が都合よくそれ系の仕事をしていたり、作戦総司令部が出てきたり、そのメンバーがもう脱出しなくてはならない状況になってボスが君たちは行けというところをみんな私もここに残りますと言ったり、メインの一家に犠牲が一人も出ず、犬も助かったり。

パニックシーンも緊迫感がなく、予定調和(欲言えば安心感)臭がぷんぷんします。

臭いといえばこの天変地異は原因はメタンガスでメタン野郎と呼ばれているキャラが出ていましたが救助中のヘリにぶら下がった状態で死んでしまいました。主人公の一家以外に主人公補正はかかってないので簡単に死んでしまいました。作戦本部でもわからなかった原因を言い立ててた人なんですけど。

 

映像面ではCGがしょぼいです。低予算なので仕方ないですが。メタンが充満しているのに火を着けるというのはえ?と思いました。都合よく部分的に爆発するし。

 

B級なのでこんなもんでしょう。

こういう映画って目が肥えてない子供の頃にいっぱい見ておくほうがいいんでしょうかね。そんなことを考えてしまいます。

そういう意味ではお子様向けなのかもしれません。ファミリーが主役ですし。

【映画感想】ブルー・ストリーク(1999)

1999年。

 

アクションコメディー。

宝石泥棒で捕まった男が警察署の証拠保管室に保管されている宝石を取り戻すために偽装警官になるという荒唐無稽なストーリーです。

 

口八丁手八丁で警官じゃないとバレるピンチを回避していきます。

ドロボウなのでドロボウの気持ちや手口に関してはお手の物。持ち前の嗅覚を活かしてどんどん事件を解決していきます。

そしていつの間にか主任刑事になってしまいます。

 

警察署の人たちも彼を評価するようになりいつしか仲間になっていました。

 

そんな中クライマックスの因縁の相手とのバトルに突入します。粘る敵役。敵役はメキシコの国境を超えてしまい、アメリカの警察は手出しできなくなります。

構わずつっこむ主人公。そして事件解決。終始コメディアンに徹している主人公でしたがこのときばかりはかっこよかったです。

 

この映画どういうオチになるんだろうと思ってみていましたが、実は相棒の刑事たちも気づいていて、本当は逮捕しなきゃいけないところを結果的には逃がすんです。国境を超えたから手出しできないとのも伏線です。

単に見逃すだけでなく、アメリカとメキシコの国境という直前に張った伏線が活かされていた点が良いですね。心地の良いラストになるんだろうかとは思っていました想像を伏線の分だけ超えてきました。

 

主人公のキャラが人情味があるのもいいですね。もともと陽キャの極みみたいな明るい悪党で警察は目の敵にしてるはずなんですが、相棒や同僚と一緒に活動しているうちに情が移ってクライマックスの総力戦で仲間の命を救ったり、敵役の運転するトラックにしてやられた同僚の安否を心配したりします。そういうのがあったからこそあのラストが納得いくものになってるんですよね。

随所にコントチックなネタが挿入されていてテンポもいいです。

 

一度も見たことがない映画で全然期待していませんでしたがかなりよかったです。

思わぬ掘り出し物。

これはおすすめ。

 

【映画感想】ハンナ(2011)

2011年。

シアーシャ・ローナン主演。

以前見たことがある作品です。

 

追われる系。

 

感想ですがまず全体的に説明不足を感じました。

説明不足すぎて主人公がなんのために行動しているのかイマイチよくわかりません。

最初にわざと捕まったのは母の仇であるマリッサ(ケイト・ブランシェット)を殺すためだと思います。

 

ただハンナの前に出てきたのはニセマリッサですしマリッサの顔を知らなかったのか、それとも宣戦布告なのかもよくわかりません。

ハンナのお父さん的な人(エリック)も何やら暗躍していますが何をしているのかよくわかりません。

 

あまり評価が高くないですけど、アクションシーンは結構いいと思います。

特に前半の脱出アクションは結構面白かったです。その後中だるみがひどいです。初めてできた友達一家とのやり取りの尺が長すぎる気も。

 

長い中だるみのあと、貨物コンテナでのアクションシーンもやっぱり結構かっこいいです。

 

ストーリーはよくわからないんですけど、ハンナは遺伝子操作で作り出された超人で、お父さん的な人はお父さんじゃなくてお目付け役、最初はモルモット的な目で見ていたがともに暮らしていく中で父性が芽生え、ハンナが組織と対抗できるように訓練したという感じなんでしょうかね。ちなみにお父さんも超人的に強いですが銃であっけなく死んでしまいます。

 

最後のアミューズメントパークでラスボスであるマリッサと直接対決しますが、映画に出てくるボスは現場主義がお約束なのでOKです・・・が、ここぞというときにうっかり足を滑らせて自滅するというなんとも情けない最後でした。

 

シーンではケイト・ブランシェットが口をい~しながら歯の治療?みたいなことをしているシーンが印象に残りました。歯が白く歯並びがめっちゃよかったので。

 

私は深く考えなかったのでそれなりに楽しめました。

 

【映画感想】スター・ウォーズ/ジェダイの復讐(1983)

1983年。

スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還

です。

 

ルーク・スカイウォーカーのシリーズはこれで終わりのようです。

冒頭から亜人のような生物が出ていて中盤でもかわいいコアラのような種族が出てくるのが以外でした。

コアラ族の森の映像はきれいでした。

 

見どころはやはりクライマックスの総力戦ですね。

 

ルークVSダースベーダー、皇帝

黒人戦士たちのデス・スター破壊ミッション

ソロとレイアとコアラの共闘

 

3つの戦いが交互に映し出され画面から目が離せません。

どれも面白かったです。

ダースベーダーの葛藤からのアレはまぁ予想はできました。

 

 

これで私は名作として語り継がれるスター・ウォーズのうち4~6を見ました。

それなりに面白かったのですが、そこまでかなぁと正直感じました。

絵的には昔テレ朝で日曜8時くらいにやっていた特撮ヒーローものの宇宙バージョンという感じです。人間ドラマも昔の少年漫画という感じですし。

これが思い出補正のない人の率直な感想です。

 

キャラもオビワン、ヨーダはぽっと出、ダースベーダーも子供のことを捨てられなかった悪人いう印象です。1~3は昔編(6からすると)なので彼らの過去が語られるっぽいので見てみようかと思います。

 

【映画感想】スター・ウォーズ/帝国の逆襲(1980)

1980年。

スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

初見です。

 

EP4からの続きです。

EP5は終始帝国のターンで主人公たちは帝国の魔の手から逃げ出すに終始していますが、終わり方は希望を感じさせるもので良かったです。

 

まず映像が3年の間にかなりパワーアップしているように思いました。ビーム以外は見れたもんです。

 

ついに主人公と敵のチャンバラバトルも。その前にヨーダも出てきましたね。

バトルでは主人公の腕が取れるというハンターハンターでよく見る光景が。腕が吹っ飛ぶというのは結構ショッキングですね。

そしてついに主人公と敵との隠された関係が明かされました。

 

EP4の冒頭に出てきたルークの保護者的なひとはそういえばおじさんだったしお父さんは殺されたという設定も忘れていました。

少年漫画でよくありがちな展開なのでそこまで驚きはしませんでしたが当時は画期的だったんでしょうね。

 

ハン・ソロとレイアがいい感じになりましたがハン・ソロモンスターファームに出てくるモノリスみたいになってしまいましたので、ハン・ソロは無事に元の姿に戻れるのかも注目です。

 

スター・ウォーズは次のEP6で一段落っぽいので完結編に期待です。