映画生活

基本的にネタバレ有りなのでご注意ください

【映画感想】バイオハザード ダムネーション(2012)

2012年。 バイオハザードのCG映画です。 今回はクレアは出てきませんでした。 代わりにエイダが出てきます。 レオンとバディというキャラがメイン。 JDという気のいいアメリカかぶれがゾンビになっちゃったのが残念でした。 敵役の女性大統領がジョディ・フ…

【映画感想】バイオハザード ディジェネレーション(2008)

2008年。 バイオハザードのCG映画。 バイオは4は一応クリアしたと思います。5は序盤で辞め、6も最初の章で辞めてしまった感じ。 レオン、エイダ、クレアとかは名前と顔が一応一致するものの、キャラバックグラウンドは全然知らないという状態での鑑賞。 感…

【映画感想】スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005)

2005年。 EP1から続くアナキン編の最終章でありEP1-EP3通じてのクライマックス的作品。 クローン戦争、黒幕の判明、シスの反撃とクローン軍団の反乱、ダースベイダー誕生、師弟の死闘、ルーク、レイア誕生等が描かれています。 感想は文句なしにEP1-6を通じ…

【映画感想】スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002)

2002年。 EP1から約10年後のお話。 EP1で少年だったアナキン・スカイウォーカーは青年になり、パドメといい感じに。 成長を焦っては駄目・・・のシーンでのパドメの、 そんな目で見つめないで・・・ 気持ちが落ち着きません っていうセリフが妙に可愛らしく…

【映画感想】ロミオ&ジュリエット(1996)

1996年。 レオナルド・ディカプリオ、クレア・デインズ。 当方シェイクスピアの原作は知りません。 二つのマフィアグループがいる世界。お互いに敵対しています。 各々のグループの男女が禁断の恋に落ちますが、運命がそれを許さないという感じ。 まず誰でも…

【映画感想】ザ・ワイルド(1997)

1997年。 アンソニー・ホプキンス主演。 ホプキンスは大富豪を演じています。 序盤でホプキンスは妻がカメラマンと不倫していることに気づき、カネ目当てで自分の命を狙っているのではないか?と疑い始めます。 そんな中男3人で小型の飛行機に乗っている最中…

【映画感想】マスク・オブ・ゾロ(1998)

1998年。 アントニオ・バンデラス主演。 アンソニー・ホプキンス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ。 19世紀前半のスペイン。 マスクの英雄ゾロがいました。 英雄が危ないところをピンチを子供の兄弟が助けました。 お礼にメダルを渡しました。 でもいなくなり…

【映画感想】ブラッド・ダイヤモンド(2006)

2006年。 レオナルド・ディカプリオ、ジャイモン・フンスー出演。 シエラレオネを舞台にした巨大ピンクダイヤの争奪戦が繰り広げられます。その中で様々な人間ドラマが展開されます。 様々なテーマを一つの作品にぶちこんでますが、空中分解することなくきっ…

【映画感想】硫黄島からの手紙(2006)

2006年。 クリント・イーストウッド監督、渡辺謙、二宮和也他。 当時話題になった戦争映画です。 冒頭は硫黄島で戦争が始まる様子が描かれ、3分の1を過ぎたあたりからいよいよ戦争が始まります。 正直序盤はやや退屈。登場人物のバックグラウンド紹介なので…

【映画感想】ボーダーライン(2015)

2015年。 麻薬戦争系。 主演はFBI捜査官ケイト演じるエミリー・ブラントですが・・・ 本当の主人公は物語前半はケイトの影に隠れていますが相棒(ってほど仲がいいわけじゃないですが)ポジションだと思われていたアレハンドロ(デル・トロ)がいつの間にか…

【映画感想】ブレイド(1998)

1998年。 ウェズリー・スナイプス主演。 人間とヴァンパイアが共存している社会。 ヴァンパイアと人間のハーフとして生まれたブレイド。 人間とヴァンパイア両方の特徴を持つニュータイプが母親を殺されたことからヴァンパイアを恨みヴァンパイアハンターに…

【映画感想】フラガール(2006)

2006年。 蒼井優、松雪泰子他。 舞台は昭和40年代、福島の炭鉱の町。 時代は石炭から石油に。エネルギー革命により炭鉱の町の経済は大ピンチに。 そこでハワイアンな施設を作ってフラダンスショーやって町おこしをしようという感じ。 実話ベース。 キャスト…

【映画感想】ラブ&ドラッグ(2010)

2010年。 ジェイク・ジレンホール、アン・ハサウェイ主演のラブコメ映画。 実話ベース。 時代はポケベル、ビデオカセットとかの時代。 病院に自社の薬品を売り込み、必要とあらば受付の女性と寝て硬い病院の門を開き医者と接触し営業をかけるというファイザ…

【映画感想】風をつかまえた少年(2019)

2019年。 舞台はアフリカ最貧国と言われるマラウイ。 クソ政府、厳しい環境のせいで人々は貧しい生活を送っています。 学費が払えず学校に通えないどころか、飢饉等で生徒の数が少なくなると教師も食べて行けず学校閉鎖、そしていつまで経っても教育が進まず…

【映画感想】復活の日(1980)

1980年。 ウイルス系。 コンテイジョン、アウトブレイクは視聴済み。 コロナで話題になった復活の日もこの度視聴。 人間が製造したやばいウイルス兵器が盗まれ、瓶が割れたのが発端。 人類は滅びます。南極にいた1000名弱の人々を残して。 劇中では世界が死…

【映画感想】ラストベガス(2013)

2013年。 マイケル・ダグラス、ロバート・デ・ニーロ他 大御所ハリウッド俳優4人がベガスでヒャッハーするだけの映画かと思いきや最後はいい感じに。 マイケル・ダグラスとロバート・デ・ニーロの恋の対決がいいですね。 ダグラスがデニーロに恋人を譲りデニ…

【映画感想】愛を読むひと(2008)

2008年。 ケイト・ウィンスレット他。 主人公は男性のほうですよね。 主人公は、15歳→法科の大学生→弁護士となっていきます。 15歳の時に心優しい女性に助けられて恋に落ち、放課後にエッチしては本を読んで・・・ということを繰り返します。時には喧嘩をし…

【映画感想】幸せなひとりぼっち(2015)

2015年。 偏屈じいさんと近所の人々との交流を描く一作。 現実世界と過去の妻と出会い、過ごした回想が交互に描写されていきます。 街のパトロールをしている頑固じいさん。人々から煙たがられているものの、昔からいる人なので気心の知れた仲な人もいる。 …

【映画感想】最高の人生のつくり方(2014)

2014年。 マイケル・ダグラス、ダイアン・キートン主演。 初老二人の男女のラブロマンスです。 お互い配偶者に先立たれた男女。 ダグラス演じる主人公は偏屈じじいです。 でもダイアン・キートンが気になる・・・ さてこの二人の恋の行く末は? みたいな感じ…

【映画感想】幸せのちから(2006)

2006年。 ウィル・スミス親子主演。 クリス・ガードナーという実在の人物の半生を映像化した作品。 成功するまでの道のりを描いているため不幸なシーンもあります。 例えば生活がどん詰まりとなり親子でホームレスとなるところですね。 全編に渡り慌ただしく…

【映画感想】はじまりはヒップホップ(2014)

2014年。 年配者のヒップホップグループを描いたドキュメンタリー映画です。 おじいさん、おばあさんが登場しますが、インタビューを受けているのは主におばあさんです。 おばあさん方の昔はああだったこうだったというような昔話が挿入され、ヒップホップグ…

【映画感想】ヴィンセントが教えてくれたこと(2014)

2014年。 初期のシュレックみたいな性格のオヤジ(ヴィンセント)が主人公。子なし。 アウトローじじいを絵に書いたような人物ですし、実際アウトローなことやってます。 そのじじいと新しく隣に越してきた隣人とのやり取りを描いています。 隣人は親子。母…

【映画感想】ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014)

2014年。 舞台はNY。 主人公は結婚して40年くらいの老夫婦。モーガン・フリーマン、ダイアン・キートンが演じています。 家は気に入ってるんですけど、エレベーターがない物件のため年寄りにはキツイ。ということで家を売る決意をします。 個人的には微妙で…

【映画感想】恋空(2007)

2007年。 新垣結衣、三浦春馬出演の恋愛映画。 ・ケータイ落とす ・顔の見えない相手と声だけのやり取り ・初体験 ・レイプ被害 ・実行犯に教唆した犯人は彼氏の元カノ ・黒板に心無いこと書かれる ・妊娠 ・堕胎 ・彼氏が急に意味深にそっけなくなる ・かま…

【映画感想】女神の見えざる手(2016)

2016年。 特定の企業や団体の利益のために政治家に有利な政策を実行させる活動に従事する一人の敏腕ロビイストの女性を描いています。 銃賛成側と銃反対側の攻防が全編に渡って繰り広げられますが、命懸けの戦いを女性はしています。命懸けというか自分の今…

【映画感想】マイ・インターン(2015)

2015年。 ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ出演。 70歳の男性がインターンとしてゾゾタウンみたいな会社に入社するという話です。 通販アパレルの社長役をアンハサウェイが演じています。なんとなくプラダを着た悪魔が頭をよぎりましたが、ロバート・…

【映画感想】スラムドッグ$ミリオネア(2008)

2008年。 インドが舞台の映画。 クイズミリオネアの番組の進行とともに主人公の過去の回想が進行していくという構成です。 地獄のような少年時代、二人で逞しく生きる兄弟の演技には力強さを感じました。それからヒロインが加わり3人になるかと思いきやその…

【映画感想】ヒア アフター(2010)

2010年 クリント・イーストウッド監督 マット・デイモン主演 降霊術とかのスピリチュアル系です。 主に3人の登場人物がいて、互いに接点はありませんが、最後の方で三人が接点を持つという流れ。 ドラクエ4みたいな感じです。 主人公は対象者に触れることで…

【映画感想】ミニミニ大作戦(2003)

2003年。 仲間の裏切りで盗んだ金塊を奪われた強奪チームの復讐する物語です。 金庫を奪うプロフェッショナルチームが綿密な計画を立ててミッションをクリアしていく系かと思いきや、最初に仲間の中に裏切り者がいてそいつへの復讐1本に絞った骨太な作戦が展…

【映画感想】トレインスポッティング(1996)

1996年。 薬中の若者たちを描いた映画。 ユアン・マクレガー主演。 ユアン・マクレガーがこんな役をやっていたことがまず意外でした。イケメンなので坊主でもかっこいいです。 内容は酒、タバコ、ドラッグ、女、暴力、犯罪、痰ぺ、うんこ、下痢そんなんばっ…