映画生活

基本的にネタバレ有りなのでご注意ください

洋画

【映画感想】カリートの道(1993)

1993年。 アルパチーノ主演のマフィア映画です。 ペニーワイズみたいな髪型のメガネ敏腕弁護士(演:ショーン・ペン←気づきませんでした)の尽力によりムショをわずか5年で出てきた元麻薬王が主人公でアル・パチーノが演じています。 彼は今度こそカタギにな…

【映画感想】僕のワンダフル・ライフ(2016)

2016年。 犬が別の犬種に転生していくペット系映画です。 女の子が主人公のは視聴済みです。 犬目線で1回目、2回目・・・と転生していきます。 最初の転生で出会う男の子の物語がメインです。 男の子は青年になり犬は寿命で死んでしまいます。 男の子は最終…

【映画感想】アイ・アム・レジェンド(2007)

2007年。 ウィル・スミス主演のウイルスゾンビものです。 廃墟のニューヨークが舞台。やばいウイルスが空気感染で世界中に広まってだいたいの人たちは死にます。残りは狂犬のように人を襲うということになってます。 ウィル・スミスは世界で唯一のそのやばい…

【映画感想】ホーム・アローン5(2012)

2012年。 ホーム・アローン第5作で完結編だそうです。 主役はまたケビンじゃない子になってまして子役も違います。 主役の子はまぁ普通ですけど反抗期のお姉ちゃんは結構可愛いです。 前作はハイテクのお屋敷のシステムを利用して強盗を撃退する話でしたが、…

【映画感想】ホーム・アローン4(2002)

2002年。 ホーム・アローン第4作。 1時間半弱とコンパクト。 今回は主人公がケビンということで2の続編という立ち位置だそうです。 ケビンはカルキン君じゃなく新しい子がキャスティングされてます。 ケビンのママとパパは離婚。パパは金持ちの女性と婚約。…

【映画感想】ホーム・アローン3(1998)

1998年。 アメリカ、カナダ1997年12月12日、日本1998年7月25日公開(WIKIPEDIAより) ホームアローン第3作。 マコーレー・カルキン君から違う子に変わっているホームアローンの3作目。当時駅のホームにこの3のポスターが貼ってあって誰やねんこの子と思った…

【映画感想】グリーンランド(2020)

2020年。 ジェラルド・バトラー主演。 地球滅亡系。 以下ネタバレあり。 主人公、妻、息子が主な登場人物です。 無数の彗星が地球に落下しているという状況で、選ばれた人たち(軍関係者や医者とかとその家族)のみが安全なところ(シェルター)に行ける飛行…

【映画感想】ラッシュアワー3(2007)

2007年。 ラッシュアワー第3作。 クリス・タッカーは1の頃の比べると肉がついて貫禄がついたなぁという印象です。 ラッシュアワー1で出てきた人たちがでてきます(ハン、誘拐された少女スーヤン)。 スーヤン役がおとなになって可愛くなって帰ってきました…

【映画感想】ラッシュアワー2(2001)

2001年。 ラッシュアワー第2作。 前作のノリは踏襲。前半の竹製の足場を登っていくシーンや健康ランドバトル、クライマックス等アクションコメディーな見せ場は健在、とうかパワーアップしています。 お色気要素もパワーアップしていて全体的にセクシーな女…

【映画感想】ラッシュアワー(1998)

1998年。 ジャッキーチェン、クリス・タッカー他 吹替版。 人種も国籍も違う二人の刑事が巨悪に立ち向かうアクションコメディーです。 ストーリーはパッとしませんが、主役二人の掛け合いやアクションは良いです。 キャラでは短髪の爆弾処理班の女性が素敵で…

【映画感想】メカニック:ワールドミッション(2016)

2016年。 ジェイソンステイサム主演。 メカニック(2011)の続編。 前作のノリを踏襲。というかステイサム映画を踏襲。よく言えば安心して見れる、悪く言えば予定調和ないつものアクションという感じ。 アーサービショップ(ステイサム)はたまたま助けた女…

【映画感想】ジャック・サマースビー(1993)

1993年。 リチャード・ギア、ジョディ・フォスター他 舞台は1860年代、南北戦争後のアメリカ南部のテネシー州の小さい農村。 6年ぶりに夫(ギア)が南北戦争から戻ってきます。 妻(フォスター)は以前と人が変わったと思いつつも夫を受け入れます。 夫はい…

【映画感想】Gガール 破壊的な彼女(2006)

2006年。 ユマ・サーマン主演。 おバカ系SFラブコメ。 ワンダーウーマンみたいな超人女性に振り回される男性の苦悩を描いています。 終始特命係長只野仁みたいなおバカエロなノリにアメリカンスパイスを加えたような感じで進行していきます。 ユマ・サーマン…

【映画感想】マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018)

2018年。 アマンダ・サイフリッド他 前作から10年越しの続編です。キャストは見る限りおなじ俳優さんで固められているのは良いです。 今回は1年前に主人公(アマンダ)の母親(メリル・ストリープ)が亡くなる一方でアマンダは母の夢だったホテルのオープン…

【映画感想】トータル・リコール(2012)

2012年。 コリン・ファレル版。 基本的な話は一緒だと思うんですけど絵作りや演出的な面でシュワ版のトータル・リコールとはぜんぜん違う映画という印象です。 ・全体的にわかりにくい ・CGお金かかってそう ・同じようなシーン、展開の連続 ・常にせかせか…

【映画感想】キックボクサー(1989)

1989年。 ジャン・クロード・ヴァンダム主演。 舞台はタイ。キックボクシング世界チャンピオンの兄を持つ弟がいました。兄はめちゃくちゃ強い辮髪野郎に倒され半身不随に。 弟(ヴァンダム)は復讐を誓うも弱いので修行が必要。現地で知り合った気のいい黒人…

【映画感想】キャットウーマン(2004)

2004年。 ハル・ベリー主演。 おとなしい設定のハル・ベリーが超人パワーを持つキャットウーマンになり性格や仕草もじょじょにワイルドになります。悪徳会社の野望を阻止するというストーリーです。 スパイダーマンの猫版みたいな感じですね。 ストーリーは…

【映画感想】マンマ・ミーア!(2008)

2008年。 アマンダ・サイフリッド、メリル・ストリープ他 ABBAの楽曲をふんだんに使用したミュージカル映画です。 結婚を控えたアマンダが母親メリルの日記から父親が誰かわからずでも候補が3人いてその人達を呼びつけてはっちゃけて最後は誰が父親でもいい…

【映画感想】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011)

2011年。 ハリーポッターシリーズ第8作。 最終章のpart2、物語も佳境という感じです。 ヴォルデモートの力の核である7つの分霊箱破壊の旅の後編という立ち位置。 ラストというだけあり流石に面白いです。 序盤は割とおとなしめですが、分霊箱探しの果てに敵…

【映画感想】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010)

2010年。 ハリーポッターシリーズ第7作。 今回は割と前半から飛ばしてるイメージです。序盤のチェイスシーン、内部の人に姿を変えて魔法省侵入したりと見せ場が前半からありますし、派手な魔法バトルも随所に散りばめられていたため前半から結構動いてるなと…

【映画感想】ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008)

2008年。 ハリーポッターシリーズ第6作。 前回より更に輪をかけて暗くなっています。もう賢者の石の時の面影はないですねぇ。あの頃はよかった的な郷愁すら感じられます。 今回はサブストーリーとしてメインキャラクターたちの恋が描かれたりします。ハリー…

【映画感想】ブレア・ウィッチ・プロジェクト(1999)

1999年。 学生がホームカメラで撮影したフィルムの映像が流れていきます。 クローバーフィールド/HAKAISHAとかディアトロフ・インシデントみたいな感じです。 男男女で魔女伝説の曰く付きの村に来て取材をしていく過程で森に迷い込みます。 そこで唯一女性だ…

【映画感想】ゴーストバスターズ2(1989)

1989年。 ビル・マーレイ、シガニー・ウィーバー他 ゴーストバスターズ(1984)の続編。 前作から5年後の世界を描いています。相変わらずのコメディーなノリでご都合主義に展開が進んでいきます。 今回のラスボスは絵の中の大公です。めっちゃ悪霊。こいつが…

【映画感想】ゴーストバスターズ(1984)

1984年。 ビル・マーレイ、シガニー・ウィーバー他 ロゴといい知名度が高い作品なのでタイトルだけは知っていました。害虫駆除業者の幽霊版という感じ。 3人のメンバー(後にもうひとり加わる)が幽霊退治でお金稼ぎをして最後にラスボス幽霊登場。そいつを…

【映画感想】パトリオット・デイ(2016)

2016年。 マーク・ウォールバーグ主演。 2013年、ボストンマラソンで実際に発生した爆破テロ事件を題材にした映画です。 実話ベースで脚色はあるものの実際のニュース映像やエンドロール前に当事者のインタビューを挿入したり、また本編もドキュメンタリーチ…

【映画感想】9デイズ(2002)

2002年。 クリス・ロック、アンソニー・ホプキンス他 CIAがテロリストの野望を打ち砕き爆弾を解除する系です。 冒頭でCIAエージェントの兄(黒人、寡黙)がやられ、ド素人の双子の弟(陽気)がアンソニー・ホプキンス(CIA)に強引に誘われ兄の代わりをやら…

【映画感想】テイキング・ライブス(2004)

2004年。 アンジェリーナ・ジョリー主演。 前に見たことがある作品ですが大体の内容は忘れていました。 猟奇殺人系。 篠原涼子主演のアンフェアみたいな感じですね。死体があったところに寝るシーンとかありますし、ストーリー展開もどことなくですが似てい…

【映画感想】ライフ・イズ・ビューティフル(1998)

1998年。 ロベルト・ベニーニ監督、主演。 ユダヤ系イタリア人のグイドという陽キャの中の陽キャみたいな男性(主人公)が高嶺の花の女性に一目惚れして天性のお気楽スタイルでアタックしていきます。当たって砕けろな感じじゃなく徐々に中を深めていくとい…

【映画感想】ビューティフル・マインド(2001)

2001年。 ラッセル・クロウ主演。 ナッシュ均衡で有名なジョン・ナッシュ博士の半生を描いた作品です。 最初はパツキン美女にいきなり性交渉は体液の交換だとかなんとか言い出してさすが天才は考えることは違うと思いましたけど普通に結婚してよかったと思い…

【映画感想】グリーンマイル(1999)

1999年。 トム・ハンクス主演。 20年近く前にテレビで見た記憶があります。内容はほぼほぼ忘れており黒人がヒーリング能力を持つこと、尿道感染症で苦しむトムハンクスとラストの死刑執行シーンだけ覚えていましたが見ているうちに記憶が蘇ってきました。 舞…